ハナビラタケのお勧め

健康にいいハナビラタケ

隠れた名品の名高いハナビラタケ

ハナビラタケとは、ハナビラタケ科のキノコであり、難病であるガンの治療に貢献できるかもしれないとして、近年注目を集めている食材です。日本国内では北海道から北関東の山のなかに自生しており、夏から秋の季節に採取することができます。シャキシャキとした歯ごたえであり、焼いたときの香りも香ばしく、キノコ愛好者や登山家の間では隠れた名品として有名です。色合いとしては白色あるいは淡黄色であり、花弁のように波打った形状を持っていることから、この名前が付けられました。

↑PAGE TOP