健康でいるために

有酸素の運動で健康に

どの運動をすると健康になるか

適切な食事と運動を行っていると、風邪など感染症や病気にかかりにくくなり、体が丈夫になっていきます。健康に良いのはジョギングやウォーキング、水中歩行、散歩、なわとびといった有酸素運動です。これらは、筋肉トレーニングではないので、30分以上軽めに動くことが大切で、じっくりと汗が出るくらいのペースで行うことにより、脂肪が燃焼しやすくなり、ダイエット効果も期待できます。余分な脂肪がついていると血管内にも脂肪がたまりやすくなり動脈硬化などを引き起こし不健康となってしまうので、継続して体を動かすように心がけます。

有酸素運動で健康になる

出来るだけ健康で長生きできればいいなと考える人は多いでしょう。そのために有効なのが有酸素運動です。息が上がらない程度の速度で走ったり歩いたり、階段をのぼったりして身体を動かすことは、ハードな筋トレ等を無理してやるよりも身体に遥かに良いです。大切なのは毎日欠かさずに続けていくことです。身体に無理のない一定のリズムの有酸素運動を行うと、セロトニンという脳内物質が分泌されますが、この物質は精神を安定させる役割を果たしており、不足するとうつになりやすくなります。心の健康のためにも、意識的に身体を動かすことはとても効果的なのです。

↑PAGE TOP