健康の維持には運動

無酸素の運動をして健康維持

健康維持に有酸素と無酸素の運動

健康を維持するためにはまめに体を動かすことが大切です。仕事や家事で体を動かすことの少ない人には運動を生活の中に取り入れることをお勧めします。この運動は大きく分けてジョギングやウォーキング、スイミングなどの有酸素系と、腹筋などのいわゆる筋トレと呼ばれる無酸素系に分かれます。体への効果についても有酸素系は脂肪を燃焼させ、無酸素系は筋肉をつけるといった異なった働きをします。健康を考えるならどちらも必要です。またジョギングやウォーキングをダイエットのために行う人も多いのですが、これに筋トレを加えると筋肉が増えることで基礎代謝量が上がり更に効果的にやせることができます。

無酸素運動で筋肉増強

よく、ダイエットのためには有酸素運動を沢山すると良いと言われますが、実は無酸素運動をすることだって、健康のためにとても大事なことなのです。長時間身体を動かすことで、身体に蓄えられている脂肪がエネルギーとして使われ始めますので、確かにダイエット効果は高いのですが、瞬発力を要するような動きによって筋肉を鍛えることが出来ます。身体に筋肉量が増えていくと、基礎代謝量も同時に増えますので、結果的に痩せやすい身体が作られ、健康になるのです。ですから、生活の中でこの両方をうまく組み合わせていくと良いのかもしれません。

↑PAGE TOP