健康維持の運動で注意

健康維持の運動で注意すること

健康のために運動を始めよう

健康のために、毎日の生活に運動を取り入れようと考えている方もいるはずですよね。しかし、運動不足の方が急にジョギングなど体に負荷をかける時には注意が必要です。健康にいいからと、体を痛めてしまうことを続けては本末転倒ですよね。まずは、家の中でできる軽いストレッチで体をほぐしてあげましょう。ゆっくりと膝を曲げで、硬くなっている体の筋肉を内側からほぐしてあげましょう。この時に注意するのは、痛みを感じたらすぐに辞めましょう。まずは軽いものから初めて、徐々に体がほぐれてきましたらジョギングなどに挑戦してみましょう。

運動をする時は強度に注意

運動は疾病を予防し、活動的な生活をおくる基礎となる体力を増進させます。余暇時間を利用して体を動かせば、爽快さや楽しさが感じ、ストレス解消にもつながりますので、老若男女を問わず勧められます。しかし、運動経験があまりない人が、急に体を動かすと、心臓事故や整形外科的障害を引き起こす可能性がありますので、健康状態を把握して行うよう注意する必要があります。日常生活において身体活動量を増やす手段は、歩行を中心とすることが良いとされています。1日1万歩程度の歩数を確保するのが理想的です。適度な身体活動が習慣化は、健康的な生活の維持につながります。

↑PAGE TOP