糖尿病の治験と創薬

糖尿病の治験は創薬のため

糖尿病の治験は創薬のために重要

糖尿病に関してはかつて、血糖値を下げるホルモンであるインスリンの分泌が悪い、あるいは血糖値を上げるホルモンであるグルカゴンの分泌が多いということがわかっており、それぞれに対処する形の薬が主流でした。インスリン注射がそのいい例です。その後の研究でインクレチンというホルモンが血糖値が高いときだけインスリン分泌を殖やし、グルカゴン分泌を減らすということがわかりました。そのことからインクレチン関連薬の開発が行われています。治験は、こういった新しい薬の開発になくてはならないものなのです。

↑PAGE TOP